一人暮らし インターネット

どれがおすすめの一人暮らしインターネット回線なのか、管理人がまとめました
これから一人暮らしを始める方にとって、インターネット回線選びは難しい部分があります。光回線、ADSL、モバイルwifiと多くの選択肢があり、それぞれに多くの種類とプランがあり、スマートフォンとの連携プランも多く始まり、2017年現在、非常に複雑化していると言わざるを得ません。一つ明確なのは、料金も大事ですが、ご自身の利用状況に合った選択をされることが大切です。ご自身に合っていなければ、インターネット回線は長期契約のものが多いため、解約費用など、逆にコストが嵩む可能性があります。当サイトでは、それぞれのメリット・デメリットとともに、一人暮らしの方で多くの方が選ばれているインターネット回線をランキング形式でお伝えします。
一人暮らしインターネット選びのコツ
一人暮らしインターネット選びで失敗しないために!

それぞれのメリット・デメリットを知り、ご自身の利用状況に合うものを選ぶ

一人暮らしのインターネット回線は、候補として光回線・モバイルwifi・ADSLの3つが挙げられます。 一人暮らしインターネット選びで失敗しないために、 まずは光回線・モバイルwifi・ADSL、それぞれのメリット・デメリットを把握しましょう。 スピード、通信の安定性、月額料金など、何を重視するかによってどれを選択すればいいのか?変わってきます。 また、光回線にも様々なプランがあり、モバイルwifiにも様々な端末が用意されています。 選択するプランによっても条件が変わってきますので、それぞれの違いを大まかに把握してご自身の利用状況に合ったものを選ぶことが大切です

ポイント1⇒光回線のメリット・デメリット

光回線のメリット・デメリット一人暮らしの方でインターネット回線をお探しで、光回線を契約するメリットは

スピードが速い(ダウンロード・アップロードともに)
通信が安定している
容量制限がない

という点が挙げられます。フレッツ光もauひかりも、 最大スピードは1GBと圧倒的な通信速度。特に、大容量の動画コンテンツを利用する際には、光回線の威力を思い知ることになります。 通信品質が非常に安定していますし、容量制限もないので通信し放題。 一人暮らしを始めるとネット利用も増えますし、「大容量動画を見る機会が多い」方は光回線がおすすめです

光回線のデメリットとしては

月額料金が高い
導入時に工事が必要。工事料が必要なのと、3週間前後待たされる。
退去時も工事が必要。場合によっては退去の際にも工事料もかかる。

が挙げられます。光ファイバーを一人暮らし宅内に引き込む工事が必要なため、 工事日までは通信することが出来ません。通常3週間前後。3月と4月なら、1か月以上かかることもあります。 費用も高いです。各社のホームページを見ると安くなるようなことが書かれてありますが、 はっきり言います、 光回線はすべての費用を入れると、原則的に月額6,000円前後かかります。 2017年現在、むしろ少し高くなっていて、税込の金額なら、月額6,500円くらいが相場。 一人暮らしの通信費としては決して安い料金ではありません。 このように、光回線は税込で月額5,000円〜6,500円、しかも2年契約、最初と最後に工事が必要と、覚悟をもって契約する必要があります。

ポイント2⇒モバイルwifiのメリット・デメリット

モバイルwifiのメリット・デメリット 一人暮らしのインターネット回線で、モバイルwifiを利用するメリットは

導入が簡単、退去も簡単
月額が安い
外出先に持ち運びできる

という点が挙げられます。早ければ即日発送できるモバイルwifiもありますので、 最短翌日からインターネット通信が可能になります。 また、光回線と違い、プロバイダーへの加入も不要でプロバイダー料も節約できますし、 そもそもの月額料金が光回線より安く、月額3,000円くらいの端末もありますので、 一人暮らしだから通信費を節約したい、という方に向いています。 また、持ち運びできて、カフェにノートパソコンを持ち込んで、インターネット通信できることもメリット。 導入時に工事をする必要もありませんし、一人暮らしの住まいを退去する時にも工事の必要がないのもメリットです。

反対に、デメリットとしては

電波が不安定の可能性がある
光回線よりもスピードが遅い
容量制限が厳しい

が挙げられます。モバイルwifiは無線通信であるため、地域的なエリア、屋内や地下、 乗り物の中では電波が届かない場合があります。 インターネットにつなげたいのに、つながらない…といったストレスになる可能性があります。 また、スピードについても、光回線に劣ります。 普通のインターネット利用、メールの送受信、YOUTUBEくらいなら全く問題ありませんが、大容量動画は難しいでしょう。。 あと、モバイルwifiには容量制限というものがあり、月々通信できる通信量がプランによって決められています。 2017年現在、3日3GBや3日10GBの容量制限が、ほとんどの端末にあります。 このように、通信が不安定なケースが出てくるのと、通信量が制限される点がデメリットとして挙げられます。

ポイント3⇒ADSLのメリット・デメリット

ADSLのメリット・デメリット一人暮らしを始める方でインターネットをお探しの場合、ADSLという選択肢もありますが、お勧めしません。そもそもADSLは、10年以上前から光回線が浸透するまでのつなぎのインターネットサービスと言われており、既にNTTとauはサービス終了を発表。残るはソフトバンクのADSLだけですが、非常にコスパが悪いです

特にスピードに関して、時代遅れなスピード。光回線の最大スピードは今や1Gbps、モバイルwifiであるWiMAX2+の最大スピードは220Mbps。勿論これは理論値であり、両方ともこんなにスピードは出ませんが、ADSLで用意されているプランは12Mbpsプランと50Mbpsプランなど

一人暮らしで固定電話がない場合、12Mbpsプランは込々で月額4,000円が相場50Mbpsプランは5,000円が相場。固定電話がある場合は固定電話の基本料がかかりますから、結局同じくらいの料金。

それでいて、開通まで時間がかかったり、撤去費用がかかったりしますので、これなら持ち運びできるモバイルwifiでのインターネット通信の方が遥かに良いです

また、地域によってスピードが出たり出なかったりするので、そこはモバイルwifiと一緒。あと、ADSLはアップロードが激遅いです。

メリットは、容量制限がない事くらい。ですので、当サイトではお勧めしません。

一人暮らしインターネットで光回線を契約する際の注意点

トップイメージ01一人暮らしのインターネットをお探しで、光回線を利用することに決めた際、どの会社と契約するかは、以下の点をチェックしましょう。

 

・【1】工事費の月割料金
・【2】月額利用料金(プロバイダー料金、機器レンタル代込)
・【3】キャッシュバック
・【4】スマートフォン割引

 

光回線はフレッツ光でもauひかりでも、通信品質がほとんど変わりません。なので、あとは料金形態をチェックするだけです。各社ホームページを見ると、ややこしいことがいっぱい書かれてありますが、各社共通で原則的に上記4つの料金で成り立っています

 

トップイメージ02【1】光ファイバーを一人暮らし宅内に引き込む工事は、有料です。ほとんどのプランで工事費は月割になっており、15,000円〜40,000円くらいが相場です。これを24か月間や30か月で月割りします。24か月契約なのに、工事費が30回払いになっている場合もあるので、この辺りをしっかり見ましょう。また、工事費割引という特典もありますので、利用できる際は利用しましょう(ただし、工事費0円キャンペーンなのに、結局工事費かかるという場合が結構ありますので、こちらも注意しましょう)

 

【2】月額料金は大まかに二つです。「戸建タイプ(ホームタイプ)」「マンションタイプ」と書かれてあることが多いです。「戸建タイプ」は一戸建てやアパートなど、光ファイバーが建物に導入されていない場合のことを指します。ほとんどがこちらです。「マンションタイプ」は賃貸で既に光ファイバーが敷かれている建物のことを指します。稀に大家さんの方でお金を払って、光ファイバーを完備してくれている場合があり、その場合、月額料金が安くなります。ちなみに、光ファイバーが入っていない賃貸アパート・マンションは、ともに「戸建タイプ」に該当します「戸建タイプ(アパート含む)」の月額相場は5,000円前後「マンションタイプ」の月額相場は3,500円前後です。この中には、モデム等の機器レンタル代とプロバイダー料が込になっています。プロバイダーは大抵の場合、選択式になっており、選択するプロバイダーによっては、数百円加算されるケースもあります。

 

【3】キャッシュバックですが、これは業者によってまちまちです。現状auひかりやソフトバンク光には30,000円級のキャッシュバックがあります。。また、ドコモ光やフレッツ光は10,000円〜15,000円のキャッシュバックがあります。他にもっと高額キャッシュバックな業者がありますが、電話やテレビ、その他オプションを申し込んだ場合になり、上記金額が相場です。

 

【4】スマートフォン割引は、au、ソフトバンク、ドコモなど、ご自身のお持ちのスマートフォンとキャリアを合わせると、スマートフォンの月額が割引になります。500円〜2,000円ほどの月額割引になるので、結構大きいです。割引額は、現在利用しているスマートフォンのパケット定額プランによって異なります。

 

上記4つが光回線の料金形態です。注意点としては、各社ホームページには安くなるようなことがたくさん書かれてありますが、上記4つの料金がしっかりとかかります。賃貸で光ファイバーがすでに敷かれている場合は、月額5,000円を切る料金になる場合がありますが、それ以外は結局のところ、月額5,000円〜6,500円と考えておいた方がいいでしょう。ただし、通信品質は抜群。導入するかどうかは、ご自身の判断でしょう。

光回線を利用した一人暮らしインターネット人気ランキング

NURO光
NURO光のキャプチャ画像
関東圏にお住まいならNURO光が一番お得!工事費はもれなく0円キャンペーン中で月額も一番安い!
初期費用:3,000円
月額料金:4,743円
工事費(月割):40,000円(1,333円×30回)
工事費割引:全員0円キャンペーン中
スマホ割引(〜2年):500〜2,000円
スマホ割引(3年〜):500〜1,008円
対象スマホキャリア:ソフトバンク
エリア:関東圏のみ
キャッシュバック:30,000円
一人暮らしのインターネットで光回線を検討中で、現在利用しているスマートフォンがソフトバンクなら、NURO光が一番おすすめです。ポイントは、高額キャッシュバックと、高額な工事費がなんと全員0円キャンペーン中である点にあります。税込で月額5,000円ちょっとで利用できる超激安な光回線です。さらにソフトバンクのスマホユーザーなら形態の割引もあって、キャッシュバックもあるので、超お得。ソフトバンクユーザーでなくても申込可。代理店は大手プロバイダーのソネットなので安心。ただし、エリアは関東圏のみ、マンションは7階までになります
auひかり
auひかり NNコミュニケーションズのキャプチャ画像
auスマホユーザーならauひかりがお得!auスマホの割引額も高く、キャッシュバックも高額!
初期費用:3,000円
月額料金:5,200円
工事費(月割):37,500円(1,250円×30回)
工事費割引:電話のオプション加入で、37,500円⇒0円
スマホ割引(〜2年):1,410〜2,000円
スマホ割引(3年〜):943円
対象スマホキャリア:au
エリア:日本全国
キャッシュバック:40,000円
一人暮らしのインターネットで光回線をお探しで、お使いのスマートフォンがauなら、NNコミュニケーションズのauひかりが人気ナンバーワンでおすすめです。キャッシュバックの受け取り方法が詳しく掲載されていてバックが受け取りやすいのと、バックのタイミングが早いです。また、もちろんauスマホの月額料金が安くなりますので、auスマホのユーザーにはかなりお得になります。auひかりの中では、NNコミュニケーションズがKDDIから何度も表彰されていて、コールセンターも親切ですし、料金明朗で騙しなし。auスマホのユーザーなら、auひかりがおすすめです。

ソフトバンク光
ソフトバンク光のキャプチャ画像
ソフトバンクのスマホユーザーはソフトバンク光がお得!ソフトバンクのスマホ料金の割引と高額キャッシュバック!
初期費用:3,000円
月額料金:5,200円
工事費(月割):20,000円(分割で月割)
工事費割引:他社乗換で、20,000円⇒0円
スマホ割引(〜2年):500〜2,000円
スマホ割引(3年〜):500〜1,008円
対象スマホキャリア:ソフトバンク
エリア:日本全国
キャッシュバック:24,000円
一人暮らしのインターネットで光回線をお探しで、お使いのスマートフォンがソフトバンクなら、ソフトバンク光がおすすめです。キャッシュバックも受け取りやすくて、料金も安いです。もちろん、ソフトバンクのスマホユーザーは、スマホの割引がありますので、こちらもお得。ソフトバンク光の中で、騙しなしで一番料金が安く、人気ナンバーワンの代理店になりますので、ソフトバンクのスマホユーザーに特におすすめになります
ドコモ光
ドコモ光のキャプチャ画像
ドコモのスマホユーザーならドコモ光!キャッシュバックとdポイント進呈、ドコモのスマホ割引がお得!
初期費用:3,000円
月額料金:5,200円
工事費(月割):18,000円(分割で月割)
工事費割引:他社乗換で、18,000円⇒0円
スマホ割引:500円〜1,100円
対象スマホキャリア:ドコモ
エリア:日本全国
キャッシュバック:なし
ポイントバック:dポイント10,000pt
一人暮らしのインターネットで光回線をお探しで、現在利用しているスマートフォンがドコモの場合は、ドコモ光がおすすめになります。キャッシュバック額はやや少なめですが、携帯料金の支払いに使えるdポイント10,000ポイントもついていますし、ドコモのスマホユーザーにおすすめになります。ドコモ光の中では、大手IT企業のGMOが唯一の代理店。ドコモスマホユーザーはドコモ光が良いでしょう。
フレッツ光
フレッツ光のキャプチャ画像
NTT感謝状送付の代理店!長きにわたり光回線ナンバーワンに君臨したフレッツ光がやっぱり安心!
初期費用:3,800円(契約料800円+工事費頭金3,000円)
月額:5,000円(2年契約の2年割700円引き適用時)
プロバイダー料(月割):500円〜1,200円
工事費(月割):500円×30回払い
工事費の割引:なし
スマホの割引:なし
キャッシュバック:10,000円〜
一人暮らしインターネットでNTTが提供するフレッツ光がご希望なら、ラプターが一番条件がいいですキャッシュバックが早いのと、料金が明確に記されているので、とても信用できる会社さんです。しかし、フレッツ光はキャッシュバックの額が少なく、ドコモの携帯電話の割引プランなどもなし。工事費も、土日ならアップなど、細かな条件でさらに料金が上がる可能性があります。よくホームページをご覧になってからお申し込みください。

一人暮らしインターネットでモバイルwifiを契約する際の注意点

トップイメージ03一人暮らしのインターネットをお探しで、モバイルwifiを利用することに決めた場合、どの端末と契約するかは、以下の点をチェックして決めましょう。

 

電波のクオリティやエリアの広さ
容量制限の条件
月額料金を含めたトータルコスト

 

モバイルwifiは、大まかに分けて「WiMAX」「ワイモバイル」「SIMカード」の3種類があります。

 

WiMAXは、容量制限が緩く、なるべくたくさんインターネット通信をしたい方に向いています。3日10GBの制限は有るものの、「ギガ放題プラン」なら、1か月の制限はなし。モバイルwifiを使いたいけど制限は無い方がいい、という一人暮らしの方に向いています。

 

ワイモバイルは、容量制限は厳しいですが、エリアが圧倒的に広いことが特徴です。ワイモバイルの制限は3日3GBと1か月7GB。しかし、LTE機能という携帯電話の電波も一部利用して通信できるため、地域的な意味でも屋内でも、WiMAXに比べると圧倒的にエリアが広いです。月額も安いため、そんなにインターネットは利用しないけど繋げてはおきたい、という一人暮らしの方に向いています。

 

SIMカードを利用したモバイルwifiは、今激アツです。WiMAXにもワイモバイルにも容量制限がある中で、通信制限が無制限のSIMカードというのがあります。これを利用したモバイルwifiなら、事実上、容量無制限で利用できるので(状況により3日3GB制限)、モバイルwifiを何が何でも無制限で利用したい、という一人暮らしの方におすすめです。ただし、料金が少し高めです。

モバイルwifiを利用した一人暮らしインターネット人気ランキング

GMO とくとくBB WiMAX2+
GMO とくとくBBのキャプチャ画像
1か月の制限なし!GMOのWiMAXなら、月額が安くて利用しやすい!
電波:WiMAX2+(LTE利用は月1,085円プラス)
端末:WX03/W04
容量制限:3日10GB
契約年数:2年
事務手数料:3,240円
月額:2,797円(最初2か月)・3,611円(残り22か月)
キャッシュバック:なし
24か月トータルコスト:88,288円
1か月あたり:3,679円
一人暮らしのインターネットをお探しで、モバイルwifiのご利用をお考えの場合、WiMAXをお考えの方も多い事でしょう。WiMAXは一か月間の制限は無く、使いやすいです。ただし、3日10GBの制限は有り。電波もほどほどという感じで、LTE機能を使うと別料金がかかります。しかし、根強い人気があるのも確か。WiMAXの中で一番おすすめなのはGMOとくとくBBのWiMAX2+ギガ放題プランです。GMOとくとくBBのWiMAX2+ギガ放題プランの特徴は、1か月の通信制限はない、無制限であるWiMAXである点。3日で10GBの制限は有るものの、月単位では使い放題のため、YOU TUBEや通信型ゲーム、インターネットテレビ等、たくさんインターネット通信する予定の方におすすめ。また、GMOは月額が安いWiMAXでもあります月平均金額が3,600円程度と一番安いです。デメリットは電波のクオリティがワイモバイルより劣る点。最近のWiMAXは電波はかなり良くなっていますが、とにかく制限なしで利用したいという方にお勧めです。

 

ヤフーwifi
ヤフーwifiのキャプチャ画像
LTE機能が標準搭載でエリア広い!月額が安くてライトユーザー向け!
電波:ワイモバイル(LTE無料)
端末:506HW
容量制限:1か月5GB
契約年数:3年
事務手数料:3,240円
月額:2,678円
※最初の6か月間の月額が2,138円キャンペーン中!
キャッシュバック:なし
36か月トータルコスト:96,422円
1か月あたり:2,678円
一人暮らしのインターネットをお探しで、モバイルwifiを利用したいとお考えの場合は、ヤフーwifiが2番目におすすめです。ヤフーwifiのポイントは、圧倒的な月額料金の安さとエリアの広さ。月額が税込で3,000円を切る料金で利用できるので、かなり安いです。月額498円のヤフープレミアムに加入必須になりますが、他に出ていないファーストフードのクーポンが沢山使えるようになるので、元は取れますし、何と言ってもLTE機能が標準装備なので、エリアが圧倒的に広いです。ただし、1か月5GBの容量制限があり、少しでも超えると、月末まで超低速に制限されます。

 

NEXT mobile
NEXT mobileのキャプチャ画像
LTE機能が標準搭載で、クレジットカード払いなら月20GBまで使える!電波重視で通信量も気になる方向け!
電波:ワイモバイル
端末:FS030W
容量制限:1か月20GB
契約年数:24か月
事務手数料:3,240円
月額:2,981円
キャッシュバック:なし
24か月トータルコスト:74,779円
1か月あたり:3,116円
一人暮らしのインターネット回線をお探しで、モバイルwifiを利用したい場合には、LTE機能が標準搭載で容量制限20GBまで使えるNEXTmobileもおすすめになります。Yahoo wifiと同じワイモバイルなので、電波が良好。LTE機能は標準装備なので、屋内・地下・電車の中でも電波が届きやすいです。またYahooより料金が少し高めですが、容量制限に関しては、クレジットカード払いにすると1か月20GBまで使えますので、動画視聴もそこそこできます。電波重視だけど、通信量も気になる方にお勧めです。また、月額料金を少し上げて1か月30GBまで使えるプランもあります。

光回線を利用したいけど工事期間が待てない場合

トップイメージ04一人暮らしのインターネットなら、電波に不安があるのは嫌だから光回線にしたい、でも工事まで3週間も1か月も待てない…という方は、光回線の契約で、開通までのつなぎにモバイルwifiを無料レンタルできるプランがおすすめになります。 光回線のデメリットは、申し込みから開通に3週間から1か月かかること。一人暮らしを始めてから、この期間インターネット出来ないのは辛い…という場合に特におすすめになります。 モバイルwifiの利用料は無料ですので、一人暮らしのインターネットをお探しの方に、非常にお得なプランと言えるでしょう。
インターネットお急ぎ便
インターネットお急ぎ便のキャプチャ画像
光回線の工事待ち期間にwifiレンタルできる!wifi利用は無料で即日発送可能が魅力!
・つなぎのwifiは即日発送
・光回線の月額:6,480円(税込)
(内訳:月額基本料5,200円+初期工事費の月割800円)
・契約年数:2年

※上記料金は、ソネット光・ソフトバンク光契約の場合で、住居に光回線が導入されていない場合。
インターネットお急ぎ便は、一人暮らしのインターネット回線をお探しの方のための光回線プランで、申し込みから開通までの空白期間にモバイルwifiをレンタルしてインターネット通信でき、一人暮らしをこれから始める方に非常に向いているサービスです。キャッシュバックなどは特にありませんが、光回線の月額料金は標準的。1か月ほどモバイルwifiを利用することになりますが、その利用料金は無料。一人暮らしインターネットなら光回線を契約したい…できれば明日からインターネット通信したい…という方におすすめのプランになります。
これから一人暮らしスタートですか?それなら、これまで実家や共同生活の中では色々整っていたものを、これからは自分で揃えなければいけませんね。一人暮らしは家電もそうですし、家具、料理道具、他にも色々なものをどう揃えようか、考えられているところかもしれません。その中でインターネット回線ってどうする?とお考えかもしれません。もしかしたら、今から引っ越しをされる場合なら、引っ越し当日からネットが使えるようにするにはどうしたらいいんだろう?そんな疑問をお持ちかもしれません。光回線やADSLは、申込み→工事までに3週間前後かかると言われています。その場合はモバイルwifiという選択肢もあります。2016年現在ではSIMカードを利用した格安SIMも登場しましたし、SIMフリー解禁もあったので、一人暮らしインターネットをお探しなら、そういう選択肢もあります。また一人暮らしにインターネット回線は必要?という思いをお持ちの方も多い事と思います。それはここ数年のスマートフォンの普及で、インターネットでなくても、スマホの通信で十分なのではないか?という意見でしょう。しかし、一人暮らしと言えば、大学生の方も多いかと思いますが、大学生なら、就職活動ではネットの活用は必須ですし、卒論を書いたりするのに情報収集するにはパソコンを利用したインターネット通信の方が圧倒的に遥かに効率的です。また一人暮らしの社会人の方なら、ビジネス上でもご自身のキャリアアップにも日々の情報収集がご自身の人生を左右することは明白。というわけで、一人暮らしの方こそインターネット回線は必要であるし、メリットが多いと管理人は考えます。そんな、これから一人暮らしを始める方、インターネット回線をどうしようか考えている方に、私の体験談も含めて、最良の方法をお伝えしたいと思います。