一人暮らし インターネット モバイルwifi デメリット

モバイルwifiのデメリットとは?

イメージ画像06モバイルwifiのデメリットを解説いたします。一人暮らしのメインインターネット回線にモバイルwifiをお考えの方にとって、契約の前にデメリットを確認しておきたいところでしょう

 

モバイルwifiにデメリットとしては、やはり通信の不安定さが挙げられます。しかし、電波が通っていれば、通信が途切れたり、通信速度が極端に遅くなったり、ということはありませんのでご安心ください。

 

しかし、場所によって、速度が変わってくる、ということはあります。光回線は電波が安定していますから、それと比較すると、なおさら電波は不安定であると感じることもあるでしょう。

 

しかし、先ほども書いた通り、電波が普通に通っている場所で利用していれば、通信が途切れるということは、まずありません。なので、普通のインターネット接続や、メールの送受信程度では問題はありません。

 

また、動画のダウンロードやYOUTUBEの視聴も、電波さえ通っていれば、途中で途切れることはありません。(帯域制限にはご注意ください)

 

なので、一人暮らしのメインインターネット回線としても、問題なく利用できます。管理人も普通に一人暮らしのメインインターネット回線として、モバイルwifiを利用しています。

 

電波の通りが悪いと感じるのは、外出先ですね。特に管理人はWiMAX2+でLTEを使わないで通信しているので、ビル街や地下などでは、電波が入りにくいと感じることがあります

 

ですが、自宅ではそんなことはありません。管理人の家は、普通に5Mbpsぐらいがコンスタントに出ます。